VIA(音声・デジタルアシスタント)マネジメント

How We Do It

音声アシスタントを利用したサービスの中でブランドが地位を確立するためには、まず、主要なアシスタントがどのようにクエリに回答するかをバーティカル(特定のニーズをもった業種、顧客グループごと)に取得する必要があり、ユーザーが使うであろうクエリを検討します。
次にアシスタントの回答方法や内容を評価することで、ブランドが進出できる余地があるか、コンテンツ開発の障害があるかを表面化させます。
そして、ブランドは細分化された多くのタッチポイントで同時にユーザーとコミュニケーションを行う必要があります。
当社はマーケターに対し、ブランドに合った音声スキルの提案や、最適化によりユーザーとの関連性がより高まるアドバイスを提供します。

How It Works

ボット / 音声アプリ

音声媒体へのサービス移行により、さらに効率的なチャネルが新しく生まれるかもしれません。当社では、こうした新たなボットの開発、ユーザー導入、最適化をサポートしていきます。

ブランディングのための音声検索

ソートリーダーとしてのブランディングを目指すクライアントに対し、ウェブサイトとコンテンツを最適化することで、デジタルアシスタントがクライアントのコンテンツを選び、回答として提供するように音声検索最適化を実行します。

音声コマースのための音声検索

"音声コマースは開始からまだ日が浅いチャネルですが、今後大きな成長が見込まれます。デジタルアシスタントがレコメンドするようにクライアントの製品とその表示順位を最適化します。 (例:Amazon内で最適化し、Alexaにおすすめしてもらう 等)"

ロケーション起点の音声検索

多くの検索ユーザーが、近くのレストラン、店舗などを検索しています。クライアントがレコメンドされるように店舗リストと製品フィードの最適化を行い、実店舗への来店を促します。

“”

What We Do

外出先や自宅で、私たちはモバイルデバイスを通じ、すでに音声認識技術を利用したデジタルアシスタントを使用しています。そして、音声アシスタントのアクティベーションにおいて次の大きなステップは、このテクノロジーのエッセンスを抽出して、新たな行動を日常生活の新たな領域に浸透させることにあります。
音声認識テクノロジーを利用したサービスは、モバイルの登場以来、最も大きな消費者行動の変化だと言われています。当社のクライアントの多くは、この革新的なエコシステムの中でブランドが地位を確立し維持するためには、音声対応が必要不可欠と考えています。
アイプロスペクトは、ブランドが音声認識技術やデジタルアシスタントサービスを通じ、ブランドのビジネス発展をサポートします。