CRMとは

顧客管理(CRM)がどれほど売上と収益の拡大に繋がるのか、理解あるブランドは多くはありません。メディアキャンペーンによる新規顧客獲得には、既存顧客の引き止めの7倍近いコストがかかるとされています。一方、ロイヤルティーの高い顧客は、20倍もの投資利益率(ROI)を生みます。当社のCRMソリューションは、インテリジェンスとセグメンテーションを通じて、顧客基盤の構築と拡大をサポートします。

私たちのCRMは、 チャネルではなくROIを起点にアプローチします

アイプロスペクトのアプローチ

私たちのCRMは、チャネルではなく、ROIを起点にアプローチします。当社では、多数のデジタルチャネルのタッチポイントにおいて、顧客価値とエンゲージメントの獲得、維持、向上を図るための戦略を立案し、実行しています。オーディエンスのインサイト選定に必要なツールのセットアップやリサーチを行い、アナリティクスとデータサイエンスのより深いリソースの活用まで、テクノロジーを最大限に活用します。また、機械学習とモデリングを適応して、消費者に関する膨大なデータセットを構築し、より効率的なアクティベーションを一層推進しています。

アイプロスペクトの専門分野

当社のCRMソリューションの特徴は、M1*(独自オーディエンスデータベース)により、ヒトベースのデータセットを統合していることです。M1とクライアントのデータセットをマッチングさせ、クライアントの顧客への理解を深め、除外リストを作成し、メール獲得のためのルックアライクモデルを構築します。つまり、ブランドへの忠誠心を損なわず、大規模に1対1ベースで、一人ひとりと繋がることができるのです。これには、DSP、検索、サイトのパーソナライゼーション、Eメール、ソーシャルおよびパブリッシャープラットフォームとの直接統合が含まれます。パフォーマンスマーケティングとCRMコミュニケーション両分野の実績に基づき、当社はこれら2分野を融合して、より効果的で新しいCRM手法を生み出します。データプラニングや基本的な設計業務など、ROIを原動力として、多数のタッチポイントで顧客価値や顧客エンゲージメントの拡大に取り組みます。

*アイプロスペクト・ジャパンでは現在M1のサービス提供はしておりません。

HOW IT WORKS

  1. 発見

    インタビュー、情報収集、データオーディットを通じて、企業のCRMの現状を明らかにします。企業のデータを、その保管場所や利用法を含めて詳しく調査します。

  2. 集約

    既存の顧客基盤を把握して1か所に集約し、必要に応じて補強して、コミュニケーションに活用できる主なオーディエンスセグメントを作成します。

  3. 実行

    メッセージ、コンテンツ、KPIを調整して、全てのタッチポイントでコミュニケーションを行います。この手法は、長期的にパフォーマンスを向上させる思考検証法に基づくものです。標準化されており、継続的に行われています。

  4. 最適化

    CRMの成果をリアルタイムに測定し、定期的なA/Bテストを通じてパフォーマンスを改善します。全ての自動化プロセスについて、詳細にKGIを定義します。